ブラッシングの方法と強さ

ブラッシングの方法と強さ

歯磨きの方法はいくつかあり、それぞれに名称が付けられています。

 

その一つの方法がスクラビング法と呼ばれる方法になります。
これは実際に歯科医師でも実践者が多いと言われている方法であり、
虫歯予防には最も効果的な方法だと言えます。

 

スクラビング法では歯ブラシを歯に直角にあてて小刻みに動かします。
直角に歯ブラシの毛先が当たりますので、しっかりと歯の表面の汚れを落とすことができます。
しかし歯の奥の部分や歯茎が少し下がっている部分などは歯ブラシの方向を変えてスクラビング法で磨くことで、
歯全体の汚れをきれいにすることができます。

 

もう一つの歯磨き方法が、バス法です。
歯ブラシを歯茎に45度の角度にあてて、小刻みに動かす方法です。
バス変法と呼ばれる歯磨きの方法もあり、
バス法のように歯磨きを45度に傾けて小刻みに歯ブラシを動かすのですが、
その後にかみ合わせの面に回転させてブラッシングをするのです。

 

いろいろな歯ブラシの方法があるのですが、
自分でやってみてどれがもっともやりやすいのかで普段の歯磨き方法を決めていいと思います。
歯ブラシをあてる強さですが、優しく充てるのがコツになります。
強く歯ブラシをあてすぎてしまうと歯茎を削ってしまうことになるため力の入れすぎには注意が必要です。
歯ブラシをあてる強さがよくわからないときは、
歯科医院でブラッシング指導を受けることをおすすめします。
歯科医師や歯科衛生士は歯ブラシを使って指導してくれますので、
磨く時の力加減、磨き方の方法をよく理解できると思います。

 

適切な磨き方を指導してくれる歯科はここhttp://www.warabi-sakuradental.net/

関連ページ

歯磨き粉の役割と適量
歯磨き粉の役割と適量
歯間を磨く意味
歯間を磨く意味
歯ブラシの毛先の選び方
歯ブラシの毛先の選び方
適切な歯磨きのタイミング
適切な歯磨きのタイミング
デンタルフロスの効果と使い方
デンタルフロスの効果と使い方