デンタルフロスの効果と使い方

デンタルフロスの効果と使い方

歯と歯の間は食べかすが詰まりやすく、
通常の歯磨きでは汚れが落としにくいため
デンタルフロスを使って汚れを落としている方も多いのではないでしょうか。

 

歯ブラシだけで歯垢を除去しようと試みた場合、6割程度しか歯垢を落とすことができないのですが、
デンタルフロスを使用することで歯垢の除去率が8割以上高められることがわかっています。
デンタルフロスにもいくつかの種類がありますが、
どのようなタイプを遣ったら適切に汚れを落とすことができるのでしょうか。
答えはどのようなタイプを使っても歯と歯の間の汚れを落とすことはできます。
重要になってくるのはその使い方になります。
デンタルフロスの使い方が適切にできていないと、
食べかすが残ってしまって虫歯菌を増殖させる原因となってしまいます。
デンタルフロスを歯と歯の間に入れたら、
歯の根元から歯垢をかきあげるように4回から5回糸を引くのが理想的です。
歯と歯の間にある汚れは思っている以上に頑固であり、
一度だけフロスを通しただけでは汚れがきちんと落ちないことがあります。
それなので確実に汚れを落としたいなら4回から5回それぞれの歯の間をフロスできれいにするのが望ましいです。
デンタルフロスは歯医者さんでも使っているような必要な分だけ糸を引いて使うタイプが使いやすいのですが、
慣れないうちは汚れを落とすのも大変かと思いますので、
最初は糸ようじなどを使って歯と歯の間を掃除するのがいいでしょう。
デンタルフロスで歯磨きの都度汚れを取るのは大変ですから、
夜寝る前だけでもフロスを使うといいでしょう。

 

気になる適切な歯科治療はこちらに詳細があります。

関連ページ

歯磨き粉の役割と適量
歯磨き粉の役割と適量
歯間を磨く意味
歯間を磨く意味
歯ブラシの毛先の選び方
歯ブラシの毛先の選び方
適切な歯磨きのタイミング
適切な歯磨きのタイミング
ブラッシングの方法と強さ
ブラッシングの方法と強さ