歯磨き粉の役割と適量

歯磨き粉の役割と適量

歯磨きを行うときは歯ブラシに歯磨き粉をつけてブラッシングをすると思いますが、
どの程度が適量なのかをご存知でしょうか。

 

以前は歯磨き粉を使いすぎると悪影響が出ると考えられており、
つけてもごく少量にとどめるかもしくは全くつけないで磨くのが良いと言われていました。
清涼感が強く出てしまうため歯磨きを短時間しかやっていなくてもしっかりと磨けたつもりになってしまって、
磨き残しが多くなってしまう、
歯磨きに含まれている研磨剤の影響が強すぎて歯や歯茎が削れることを懸念していたのです。
しかしながら最近の研究の結果、
歯磨きにより歯茎や歯が削れてしまうのは歯磨き粉が原因というよりもむしろ歯ブラシを強くあてすぎて磨くことの方が原因だったのです。

 

確かに以前は研磨力が強い歯磨き粉もありましたが、
研磨力に一定の基準が設けられるようになってから歯や歯茎を削るような強さの研磨剤が使われている歯磨き粉はほとんどありません。
最近の歯磨き粉には歯質を強化してくれるフッ素や歯の表面汚れを除去してくれる、
歯周病予防に効果的な成分が含まれている、
口臭予防に効果的な成分など口の中をさっぱりとさせてくれる成分だけでなく、
その他の口のトラブルに効果的な成分が含まれている歯磨き粉がたくさんあります。
歯磨き粉を使わずに磨くのではなく、適量使った方が歯に良い効果をもたらしてくれると思います。
歯磨き粉の適量ですが、それぞれの商品に従った適量を使うことをおすすめします。
歯磨き粉のパッケージに適量について記載されていると思いますので、
その量を守って歯磨きを行うようにしましょう。

 

歯磨き粉の適量とはhttp://www.niimura.or.jp/

関連ページ

歯間を磨く意味
歯間を磨く意味
歯ブラシの毛先の選び方
歯ブラシの毛先の選び方
適切な歯磨きのタイミング
適切な歯磨きのタイミング
ブラッシングの方法と強さ
ブラッシングの方法と強さ
デンタルフロスの効果と使い方
デンタルフロスの効果と使い方