歯間を磨く意味

歯間を磨く意味

虫歯や歯周病菌といったお口トラブルを発生させるのは、目に見えない細菌が寄り集まった塊、プラークと呼ばれるものです。
プラークを取り除く方法として昔から行われてきたのは、歯をブラシ状の物体で擦るという方法です。
現代では様々な歯ブラシが生まれていますが、歯を磨くという行為の本質は変わっていません。

 

しかし歯ブラシは歯の表面を磨くことが出来ても、歯と歯の間まではケアするのは難しいといえます。
今回は歯の間を磨く意味合いについて詳しく見ていきましょう。
プラークは目で確認するのが難しいほど小さく、歯の表面にしつこくこびりついています。
そのため、うがいをしただけではプラークを取り除くのが困難なのです。
こうした性質を持つプラークは、歯と歯の間の面にも付着します。

 

表面積は非常に小さいように思えますが、ここを清掃することが出来ずにプラークが溜まり続けると、プラークは歯周ポケットに溜まってしまい、歯周病を引き起こすことに繋がります。
デンタルフロスや歯間ブラシでのケアはこうしたプラークを取り除くためには不可欠といえます。
歯科医院で歯石を取り除いてもらった経験がある人も多いと思います。
歯石は口の中からニョキニョキと生えてくるものではなく、プラークが石灰化することで誕生するのです。
歯石の表面がザラザラとした感触になっており、プラークはそこを住みかとします。

 

 

 

すなわち、プラークが歯周ポケットに溜まるということは、歯石の原料の溜めこんでいるのに等しいのです。
歯石を取り除くには歯科医師の力を借りるのが一番ですが、これ以上歯石を増やさないためのケアは私たちの手で行うことが出来ます。
歯間のケアに力を入れて、健康な歯を維持していきましょう。

 

関連ページ

歯磨き粉の役割と適量
歯磨き粉の役割と適量
歯ブラシの毛先の選び方
歯ブラシの毛先の選び方
適切な歯磨きのタイミング
適切な歯磨きのタイミング
ブラッシングの方法と強さ
ブラッシングの方法と強さ
デンタルフロスの効果と使い方
デンタルフロスの効果と使い方