奥歯のケアは大切

奥歯のケアは大切

今まで虫歯に感染したことがある方は、どの歯が痛くなったのかを思い出してみてください。
多くの方が奥歯に異常を感じたことがあることでしょう。
奥歯は歯の中でも最も寿命が短いとされています。
今回は奥歯の役割やケアの方法について詳しく見ていきましょう。
奥歯は歯の中で最も強い力を込めて噛むことが出来る部位です。
硬いものを噛むとき、特に意識をしていなくても奥歯で噛んでいることがありますよね。
前歯よりも力を込めやすく、サイズも大きいので物を噛むのに適しています。

 

また、奥歯の役割はこれ以外にも発音を明瞭にする、噛み合わせの形成によって顔の輪郭の成長を促す、
スポーツをする際に噛みしめることで瞬発力を司るといったものがあります。
日常生活の中でも非常に重要な奥歯ですが、他の歯に比べて早期に失われることが多いのです。
その理由としては、ケアの難しさが考えられます。
奥歯は歯ブラシが届きにくい部位であり、磨いたと思っても実際は磨き残しがあるということも少なくありません。
正しい歯磨きが出来ていないと、虫歯菌や歯周病菌が奥歯を蝕み、永久歯を失うことになりかねないのです。

 

そんな奥歯の歯磨きに置いて覚えておいていただきたいのは、なるべく小さな歯ブラシを使うことです。
奥歯を磨く際に毛束が覆い歯ブラシを使っていると、側面や裏側を磨くのが難しくなります。
そのため、小さいサイズの歯ブラシを小刻みに動かすことが、奥歯全体をケアするために不可欠といえます。
デンタルフロスや歯間ブラシで歯間をケアしてあげると、細菌の働きを抑えられるので並行しましょう。

 

予防歯科について知りたい人へお勧めの情報です。詳しくはこちら

関連ページ

歯周病予防のチェック
歯周病予防のチェック
予防歯科でお口の健康を守る
予防歯科でお口の健康を守る
口臭のケア
口臭のケア
プラークコントロールとは
プラークコントロールとは
集中ケアも出来る
集中ケアも出来る
虫歯になりやすい人とは
虫歯になりやすい人とは