適切な歯磨きのタイミング

適切な歯磨きのタイミング

虫歯や歯周病の予防には小まめな歯磨きが効果的です。
一日三食食べたらその後に歯磨きをする習慣をつけるといいでしょう。
しかし歯磨きのやり方が間違っていると、十分歯の汚れが落とせないだけでなく、
歯茎や歯を傷つけてしまうことにもなりかねません。
歯磨きの正しいやり方をマスターして、今後の歯磨きに役立てましょう。
こちらの歯科で矯正治療を受けるためにも、日ごろから正しい歯磨きを行い、口内を健康にしておく必要がありますからね。

 

まず歯磨きを行うタイミングですが、食後に磨くのが最も効果的です。
何かを食べたり飲んだりするとそのカスが口や歯に留まるのですが、
これが菌を増殖させる原因になってしまいます。
何かを口にしたらできるだけ歯を磨いて口の中の汚れを落とすようにします。
歯磨きをする時間が取れない時は口をゆすぐだけでも効果的です。
歯磨きは一日に3回行うのが理想ですが、
夜寝る前の歯磨きを最も丁寧に行うように心がけてください。
起きている時は話しをしたりガムをかんだりして唾液の分泌が盛んになります。
唾液には虫歯や歯周病の原因菌を殺菌してくれる働きもあるため、
菌の働きを抑える効果が期待できます。
ところが夜寝ている間は唾液の分泌も低下してくるため、
虫歯菌が活発に活動しやすくなってしまいます。
昼間は忙しくて歯磨きができない、
歯磨きしてもさっと磨くだけという方でも夜だけは時間をかけて丁寧に磨くことによって、
虫歯や歯周病リスクを低くすることができます。
夜寝る前は特に口の中を切れにしておく必要があります。
歯の間は歯磨きで磨いても汚れが残りやすいので、
デンタルフロスや歯間ブラシなどの補助器具を使うことをおすすめします。

関連ページ

歯磨き粉の役割と適量
歯磨き粉の役割と適量
歯間を磨く意味
歯間を磨く意味
歯ブラシの毛先の選び方
歯ブラシの毛先の選び方
ブラッシングの方法と強さ
ブラッシングの方法と強さ
デンタルフロスの効果と使い方
デンタルフロスの効果と使い方